読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープニング

 

 


初めまして、と言うのが正しいのか、はたまたこんにちは、こんばんは。の方が正しいのか。

ブログを開設しようと試みて数ヶ月は経った。理由はまあ多忙に見せかけた怠けである。
早いもので高校生活一年目も終わりを告げ、桜の蕾が次の開花へと準備をしているような季節へとなった。最初は早く卒業したいと思っていたが、今となってはもう一年、あのクラスで過ごしたいと切に願うばかりである。

 

身の上話はさておき、私は困った。何に困ったかと言えば、何について書こうか、ということに迷った。

私がネットの世界へと足を踏み入れたのは小学三年生の頃であったか、小四あたりにはAmebaアメブロを持ち、休みの日はピグ三昧、ブログの更新と、ネットに依存するのは容易かった。
実は初代ブログこそは消したものの、二代目ブログ、個人サイトでのブログ、と、これ以外にも二つほどブログがある。いるのか分からない読者には申し訳ないが、更新する気は更々ない。二代目アメブロはアカウントログインが出来ないし、個人サイトもログインが出来ない。つまりログインが出来ないのである。

 

とまあまた自分の話を引っ張り出してきた私だが、以前であれば、気軽にテーマを考えて投稿していた。そりゃあ小学生中学生だもの。深く考えるなんてするはずがない。したら負けだとすら思っていた。だがしかし今考えると、よくもまああんな中身のない文章を書けたなあ、と、憐れんだ目さえ向けている。

 


そもそものお話、私が何故またブログを開設するに至ったのか、端的に説明して、文章力向上、である。
私は小学校の頃から小説を書くのが趣味で、それは今でも続いている。
しかしつい最近まで、全く文章が書けずにいたのだ。俗に言うスランプ、というもので、ネタは浮かぶが筆進まん、(ちょっとパロったので誰か気づいてほしい)以前であればその日のうちに短編を一本完成させられるほどのタフさがあったのに、最近の私は途中で終わりか、酷い時は二、三文で書くのを放棄、ネタだけ投げて後は書かないとか、とにかく全く筆が進まなかった。

ただでさえ遅筆なのに、これでは私の書く散文に目を通すのを楽しみにしている人が減ってしまうと、焦りに焦った。

 

そして、自分でもスランプ脱却せねばと思案した挙句、「小説が書けないのは私情を語る文章すら書けないからなのでは?」との結論に至った。これがブログ開設の運びである。

だが、このブログを書く前に、すでに私はスランプを脱却していた。出来ちゃったの。文体変えたらスランプ治っちゃったの。
だが決して自分の文章に満足しているわけではないので、時間の許す限り、ここでブログと銘打った文章力向上に努めたいと思う所存だ。とは言ってもただの女子高生が書くブログである。それこそこれまで大人に何度も間違われた。母のお姉さんですか?と言われたこともしばしばだ。心身共にもうおばさんである。しかし肩書きはJKだ。お見苦しい点も多々あると思うが、皆様の寛大なる心で受け止めてやってほしい。

 


前書きが長くなりすぎた。
記念すべき第一回目のテーマは、
『TEAM NACSと私』
である。いや〜皆さんどうせ「こいつまたこれ?読む気なくしたわ」とか思ってるんでしょう。
安心してください。皆さんに「演劇ユニット・TEAM NACSとは、どのような集団なのか?」と説明するだけである。是非、肩の力を抜いて、クソ暇だなあと感じた人だけ読んでほしい。もしくは、私の大ファンという人のみ。いたら今度デートしようね。


…ここから本文に入る予定だった。だったんだ。読んでお気づきだろうが、とんでもなく前置きから長い。これでは読者がからっきしだ。いかんいかん。

 

ひとまず最初の更新はこの程度で。三日坊主で終わることがないように願っている。